血糖値を急激に上げないことがダイエットに効果的

血糖値が急激に上がると太ってしまうわけ

血糖値は食べ物を食べることで上昇します。緩やかに血糖値が上がれば、緩やかに下がっていくため問題はありません。しかし、急激に血糖値が上がれば、急激に下がっていくのです。血糖値が急激に下がると偽物の食欲が湧きます。どれだけ食べてもお腹が空いたと感じる人は、血糖値が急激に上がる食べ物を多く食べていることが原因です。その結果カロリーを多く摂ってしまい、太りやすくなります。また、血糖値が上昇するとインスリンが分泌されます。インスリンには血糖値を下げる働きがあるのです。しかし、このインスリンは血液の中にある糖分を脂肪に変換する作用もあるのです。太らないためには、血糖値を急激に上昇させないことが大切です。

血糖値を急激に上げないための食事方法

血糖値を急激に上げないためには、糖質が多く含まれている食事を最後に食べることです。始めに野菜やキノコなど、食物繊維が豊富に含まれているおかずから食べるようにしましょう。食物繊維には血糖値を緩やかに上昇させる作用があります。そして次に、肉や魚などのタンパク質が多いおかずです。最後に、ごはんや麺類などの炭水化物です。この順番で食べていくことで、血糖値を緩やかに上昇させることが出来ます。

また、低GI値の食品を食べることも効果的です。低GI値の食品は、血糖値が上がるまで時間がかかります。炭水化物は血糖値が上昇しやすいですが、低GI値の食品は血糖値が緩やかに上昇します。炭水化物を食べたいと思ったときは、低GIの食品を選ぶのもよいかもしれません。

品川美容外科の死亡について調べる