切れ毛の原因には、どのようなものがあるの?

切れ毛に関して悩んでない?

切れ毛で悩んでいませんか。美しくサラサラで艶やかな毛髪は、女性を際立たせるための必須なものです。そして、その日の毛髪のコンディションが、1日全体の価値を左右するといっても過言ではないでしょう。切れ毛が多いのであれば、毛髪がパサつき、ヘアースタイルを決定できないことにより、イライラしてしまうこともあるでしょう。切れ毛に対する手入れの具体的な方法で適切なものはないのでしょうか。

どのような人が切れ毛になりやすいのか

切れ毛の要因のひとつとして候補に挙げられるものの中に、栄養不足が考えられます。これは女性ホルモンの不調や下手なダイエット、それに食生活の乱れによって引き起こされ、毛髪に栄養が行き渡らず、毛髪の内部がスカスカになるという状態です。ちょっと引っ張っただけで毛髪が切れてしまうという状態を醸し出すのです。

過度なパーマやカラーリングによって、毛髪へのダメージが蓄積されて、切れ毛を引き起こすことも考えられます。そして、ドライヤーの当てすぎや、ヘアアイロンの使用によるダメージも考えられるところですね。これらによって、切れ毛を誘発してしまいかねないので注意が必要です。

まっすぐな直毛に比べて、くせ毛のほうが毛髪内部の水分量を保ちにくいことから、ダメージを受けやすいとされています。また、太い毛髪よりも細い毛髪のほうが水分量を保ちにくいです。これらに加え、髪が長い人ほど、ダメージを蓄積している傾向がある上、頭皮に対する負担も看過できないです。これらに該当する人は、切れ毛になりやすいと言えます。

品川美容外科の判例まとめサイト